最初は大学生の時

大学生の時、アルバイトをし始め、自分でお小遣いが稼げるようになった頃に、脱毛サロンに興味が湧きました。
値段はサロンによっても大きく違い、比較は難しかったのですが、家からの近さや安さで決めました。
その頃の脱毛サロンの主流は、レーザー脱毛です。

レーザー脱毛というのは

レーザー脱毛というのは、私が利用した脱毛サロンでは、直径三センチほどの丸い先のついた機械を用いて、冷風をあてながらレーザーをあてて毛根を刺激し、毛が生えてこなくなるような仕組みになったものでした。
正直、少し痛いです。
輪ゴムをバチっと当てられたような痛みがありました。
その機械は黒い色に反応するようにできているそうです。
値段は両ワキで12万円ほどしましたが、その頃の脱毛サロンは本当に値段が高かったので、それでも安い方です。

最近のサロン

最近のサロンでは、光を利用した脱毛(フラッシュ脱毛)が主流のようです。
両ワキ脱毛はレーザーによる脱毛サロンで済ませましたが、その他の箇所(腕や背中、顔)はまだしていなかったので、全身で16万円というサロンを見付け、個室風のサロンの雰囲気も気に入り、そこへ通い始めました。
冷たいジェルを身体にのせ、そのあとフラッシュの光をあてて脱毛していくものです。
レーザーの頃のものよりも、1度の照射範囲も多く、2人がかりで照射してくれる事で、全身であっても非常に早い時間で済みました。

機械と技術

今は昔と違い、価格もかなり下がり、サロン選びは簡単なようで難しいと思います。
私は両ワキで12万円というかなり今でいうと高額なお値段で施術を受けましたが、後悔しているかというと、全くしていません。
というのは、私は肌が白いのに毛が黒く、それが大きな悩みだったからです。
決してその頃の私にとって安い買い物ではありませんでしたが、気軽にノースリーブが着られる、友達とお風呂やプールに行ってもワキや足の毛が気にならない。
それが得られただけで私にとってはとても快適で幸せな事です。
まだ毛が生えていた頃、普段のシェービングによる肌へのダメージで、肌がガサつく事がありました。
今はそんな悩みもなくなり、一石二鳥です。
私は脱毛をして、本当に良かったと思っています。